浦安・浦安市・新浦安で入れ歯、義歯なら

〒279-0041 千葉県浦安市堀江6-1-43

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:00~18:00 × ×

△:14:00~17:00、休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

047-711-1805

入れ歯治療の種類・料金

当院で扱っている「入れ歯治療の種類・料金」についてご紹介いたします。

金属床義歯

歯ぐきと接する部分(床:しょう)を金属で作製する入れ歯です。

丈夫な金属を使用しているので、レジン(歯科用プラスチック)で床を作る場合よりも薄くできるというメリットがあります。

そのため、お口に入れたときの違和感が少ないのが特徴です。また、食べ物の味や温度を感じやすく、食事を美味しく食べられるのも魅力です。

保険診療の入れ歯と異なり、1つのピースで作られた金属フレームを用いるので、残った歯が動かないように固定して歯を守れます。また、金属は薄く加工できるので、快適な装着感が得やすくなります。

さらに、決して完璧ではないものの、審美性を考慮した設計が可能で、入れ歯の見た目が気になる方にもおすすめです。

片側設計部分床義歯本体 165,000~330,000円
両側設計部分床義歯本体 330,000~880,000円
総義歯本体 352,000~1,100,000円

上記費用に以下の制作料が加算されます。

片側設計 設計、前処置、印象採得、製作料
55,000円
両側設計、総義歯 設計、前処置、印象採得、製作料
110,000円

自費の義歯は基本的に金属床義歯をベースとします。材質はコバルトクロム、チタン、白金化金になります。材質によって価格は異なります。総額でかかる費用例を提示します。

金属床(コバルトクロム)
片側 165,000円+55,000円
両側 330,000円+110,000円
総義歯、オーバーデンチャー 352,000円+110,000円
金属床(チタン)
片側 181,500円+55,000円
両側 363,000円+110,000円
総義歯、オーバーデンチャー  440,000円+110,000円
金属床(白金化金)
片側 330,000円+55,000円
両側 880,000円+110,000円
総義歯、オーバーデンチャー  1,100,000円+110,000円

治療名:金属床義歯
治療の説明:入れ歯の土台となる床(歯ぐきに接する部分)が金属でできた入れ歯です。
治療の期間・回数:約4週間、3~4回
リスクや副作用:破損した場合、修理に時間がかかる可能性があります。金属の種類によってはアレルギーがでる可能性があります。加齢によるお口の中の変化により、定期的に調整が必要になる可能性があります

コーヌスクローネ

茶筒の原理でしっかりと固定する入れ歯です。

残っている歯に「内冠」と呼ばれる被せ物を入れ、その「内冠」に適合する「外冠」を組み込んだ入れ歯を装着することで、外れにくくなる仕組みです。

メリット
  • バネを使用しないので見た目が良い
  • 歯にかかる負担を軽減でき、土台の歯が長持ちしやすい
  • 将来的に治療が必要になっても、多くの場合、簡単な修理のみで対応できる
デメリット
  • 値段が高い
  • 場合によっては、生まれ持った歯を大きく削る必要がある
コーヌスクローネ装置 一歯につき220,000円加算×歯の本数

治療名:コーヌスクローネ
治療の説明:残っている歯に金属の土台を被せる内冠と、その土台に適合する外冠を作成。この内冠と外冠の摩擦力によって、安定する外れにくい入れ歯です。
治療の期間・回数:約3週間、2回
リスクや副作用:土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差があります)。内冠を入れている歯は虫歯のリスクが高まります。一度摩擦力が弱まると、修理が困難になる可能性があります。治療時に出血を伴う可能性があります

ノンクラスプデンチャー
(バルプラストデンチャー)

見える部分に金属の留め金を使用しない、見た目が自然な入れ歯です。

金属のバネ(留め具)を、残っている歯に引っかける必要がないので、残っている歯への負担が少ないのが特徴です。

保険診療の入れ歯に比べて安定性があり、噛みやすい入れ歯ですが、構造が複雑なためお手入れがしづらいというデメリットもあります。細かい部分までしっかりと「日常的にお手入れができる方」でなければ、向かない入れ歯だと言えるでしょう。

また、入れ歯のプラスチック部分に材料を盛り足しても完全にはくっつかないなど、細かな修理がしにくいという点にも注意が必要です。

残った歯が将来的に悪くなることが予想される場合には、別の方法をおすすめしています。ご了承ください。

片側設計  55,000円加算
両側設計  82,500円加算

治療名:ノンクラスプデンチャー
治療の説明:見える部分に金属のクラスプ(留め金)を使用しない部分入れ歯です。
治療の期間・回数:約4週間、3~4回
リスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯に負担がかかります。耐久性がやや劣るため、数年後に再作成が必要になる可能性があります

マグネットデンチャー

磁石の力で固定する入れ歯です。

金属のバネがないので見た目が良く、磁石の力で自然に固定され、着脱が簡単な点がポイントです。

一方で、長期的な経過が必ずしも良いとは言えないため、当院では患者さまのお口の状況やご希望を総合的に考慮した上で、マグネットデンチャーの可否を判断しています。

マグネットデンチャー装置 一歯につき110,000円加算

治療名:マグネットデンチャー
治療の説明:磁石を埋め込んだ入れ歯と、土台となる歯の根につけた金属との磁石の力で固定させる方法です。
治療の期間・回数:部分入れ歯  約4週間、3~4回
リスクや副作用:土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差があります)。治療時に出血を伴う可能性があります。強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。

オーバーデンチャー

コーヌスクローネを含めた「オーバーデンチャー」と呼ばれる入れ歯は、歯の状態が完全でない場合でもお使いいただけるのが特徴です。

メリット
  • バネを使用しないので、見た目が良い
  • 歯にかかる負担を軽減できるため、土台の歯が長持ちしやすい
  • 将来的に治療が必要になっても、多くの場合は簡単な修理のみで対応できる
デメリット
  • 値段が高い
OPA装置 一歯につき 44,000円加算
リング埋入 一歯につき 8,800円加算
コーヌスクローネ装置 一歯につき220,000円加算×歯の本数
マグネットデンチャー装置 一歯につき110,000円加算

治療名:オーバーデンチャー
治療の説明:土台となる歯の根に金属をつける、もしくは歯ぐきにインプラントを埋入し、磁石を埋め込んだ入れ歯を入れて磁石の力で装着維持する方法です。
治療の期間・回数:約4週間、3~4回
リスクや副作用:土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差があります)。治療時に出血を伴う可能性があります。強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。インプラントを埋めるための外科手術が必要になります。残っている歯やインプラントが入れ歯の下にくるので、歯磨き、定期健診をきちんとしないと虫歯や歯周病のリスクが高まります。

かみ合わせ治療用の義歯製作・調整費用

設計、前処置、お口の型どりの料金が別途発生いたします。

リハビリ用入れ歯
(治療用義歯)
220,000円加算

※製作料と調整4回分

保険の入れ歯

保険適用の範囲で作る入れ歯です。治療費が安く、壊れた場合の修理がしやすい点がメリットです。

歯や歯ぐきの部分はレジンというプラスチック素材でできているため、水を吸ったり色素がしみ込んだりしやすく、長く使っていると変色や変形が起こりやすいという特徴があります。

自費診療の入れ歯に比べると、見た目の美しさや安定感、噛みやすさの面で劣ります。

保険の入れ歯 保険診療報酬と負担割合によって異なります。

※全て税込み表記です

以下のページもご覧ください

精密なお口の型どりや分析など、当院の入れ歯治療について詳しくご説明するページです。現在お使いの入れ歯が合わないという方も、ぜひご相談ください。

当院で受けられる入れ歯治療の種類や料金について、詳しくご紹介します。患者さま一人ひとりに合った治療方法のご提案が可能です。

ご来院から治療終了までの流れをご説明するページです。カウンセリングと検査をしっかり行い、丁寧に治療を進めていきます。

院内の様子をご紹介します。最新設備を取り揃え、より良い治療をご提供いたします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

047-711-1805

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:00~18:00
△:14:00~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

047-711-1805

〒279-0041
千葉県浦安市堀江6-1-43

JR京葉線「新浦安駅」より
浦安おさんぽバス舞浜線 舞浜駅「浦安郵便局」より徒歩1分

地下鉄東西線「浦安駅」より
東京ベイシティバス(4)富岡線 舞浜駅行「市役所入り口・郵便局前」より徒歩1分
東京ベイシティバス(6)市役所線 市役所前・舞浜駅行「東野一丁目」より徒歩1分

JR京葉線「舞浜駅」より
東京ベイシティバス(6)市役所線 浦安駅入口行「東野一丁目」より徒歩1分